畳のメリットはたくさんある~名古屋で畳を探す~

和室

畳には数多くの魅力がある

畳は数多くの種類があります。かつては、名古屋より東で栄えた五八間は、通称江戸間とも呼ばれています。また、京間と呼ばれる京都を中心に栄えた畳などもあります。そして、様々畳に共通している魅力と言えば、イ草の香りでしょう。畳で使用されている、イ草の香りは、日本人にとって心を癒してくれる魅力的なものだと言えます。

畳によってもたらされるメリットとは

畳は生活に欠かせない沢山のメリットがあります。例えば、お子様がいる家庭であれば、フローリングのように固くない畳は、転んだ際などにも安全です。また、畳は二酸化炭素を吸収する働きを持っています。畳が張られているだけで空気が綺麗になる効果もあるのです。そして、畳には、湿気などを吸収する働きまでも備えているのです。

リフォームの際は畳も選択肢に入れよう

最近は、オールフローリングのお部屋も増えていますが、リフォームを行う際に畳を張る事例も増えています。理由としては、靴を脱いで生活をする日本人にとって、畳が肌に合っているからです。また、和の雰囲気を醸し出す畳は、インテリアの一環として取りいれられる人もいます。そして、フローリングから畳への変更は、畳を置くだけの張替えリフォームもあるので、非常に簡単なのです。

畳にする5つのメリット

no.1

すぐに、休憩することが可能

畳はクッション性を兼ね備えています。その為、疲れている際などに、すぐに横になれる事や、座ることも出来るのが魅力的です。

no.2

温度調節を自動で行ってくれる

日本の夏は暑く、そして冬は寒いですが、畳には温度調節機能があります。湿気も吸収してくれ、保温性もあるので、常に活躍してくれます。

no.3

アロマテラピーのような癒し

イ草には、有害な窒素酸化物を除去してくれる働きがあります。また、森林にいるような香りを放つので、癒しも兼ね備えています。

no.4

遮音機能を備えている

実は畳に使用されているイ草には遮音機能があります。イ草に含まれている空気が音を吸収をする事によって遮音してくれるのです。

no.5

畳はほこりが入りにくい

ほこりが入りにくい畳は掃除が非常に簡単です。絨毯と比べても畳はフラットな形状をしているので、掃除機をかけるだけでほこりを吸い取ることが可能です。

畳に関する知識を深めるには

畳は日本文化に深く根付いています。その為、畳屋さんは長く続いているお店も数多くあります。伝統ある畳屋さんに、畳の疑問を聞けば的確な答えを返してくれるでしょう。

畳とフローリングの違い

破損した際の修理方法の違い

畳とフローリングでは、固さを誇るフローリングの方が破損しません。ですが、畳が破損した場合は、新しい畳に変更するだけで元に戻ります。それに比べて、地震などで万が一フローリング破損した場合は修復が大変です。業者を呼んで、フローリングを張替えるなど、大掛かりなものになってしまいます。

雰囲気の違いが明確に

畳を使用した部屋は、日本らしさである「和」が前面に出てきます。逆にフローリングを使用した部屋は「洋」のイメージがつきます。自身が求める部屋のイメージなどを考えて、畳かフローリングを選択するのも良いでしょう。

広告募集中